気づいたらバッテリーの劣化。スマホ修理へ。

うすうす前から気づいてはいたが、充電が一日持たなくなってきた。朝から満タンにして用意満タンで出発しても夕方には10パーセントを切っているのだ。

 

釣りに行ってiPhoneが水没し滋賀県長浜市近郊の修理店に

 

これはどうしてなのだろう。バッテリーというものは年々劣化していくものらしい。これを直すため。つまり充電の持ちをよくするためには携帯を買い替えるか、中のバッテリーを変えるしかないのだ。私は費用面から考えてバッテリーの交換をこの時は選択した。

 

iPhoneXを高価買取している滋賀県のお店

 

スマホを買い替えるチャンスであったともとらえることは出来るが、私にそんな金銭的余裕はなかった。そうして、正規店舗ではなく、非正規の安い修理屋へとスマホを持って行った。するとお客さんも誰もいなく静まり返っていた店内。

 

iPhoneの通話不良で滋賀県彦根市の修理店へ

 

恐る恐るバッテリー交換をお願いした記憶がある。私は即答でお願いした。そして、私のバッテリーはよみがえった。昔のように強いスマホへと。

ケータイを子供に壊され故障した話

子供がまだ小さかったころ、ケータイを子供に壊され故障したことがありました。親が使用しているケータイを使いたがっていた子供は、私のケータイを使って遊んでいました。

前に動かなくなったiPhoneを彦根市で修理した。

私もケータイを見る時間が長かったので、ある日子供は自分をかまってくれない母親である私に怒って、私が使っていたケータイに噛みついてきました。

新しいiPhoneの買取を彦根市で依頼して高価買取してもらった。

私が気づいた時にはケータイに噛んだ後がくっきり残り、ケータイは画面が見えなくなってしまいました。修理をしにいこうと、携帯ショップに行き、事情を説明すると、一時的に替えのケータイを貸してくれて、修理に出してくれました。しかし、残念ながら画面を元に戻すことはできず同じ機種の別のケータイを携帯ショップの人は用意してくれました。

滋賀県近江八幡付近のiPhone修理専門店で修理して頂いた。

そして、新しいケータイで新たに電話やメールなどのデーターを入れて使いました。子供にはそのあとよく言っておいたので、もう噛むことはありませんでした。しかし、その後も子供にケータイを壊されました。

ケータイの異常バッテリー消費の修理

私の使っているケータイは、ガラホと呼ばれるタイプのもので一応アンドロイド5.0をOSとするものです。その為LINEやスマートフォン用のインターネットサイトを閲覧できるものなのですが普段はデータ通信契約をせずに本当に電話とショートメールに特化した使用をしていました。

 

突然電源が落ち滋賀県米原市付近のiPhone修理店に

 

一応アプリのダウンロードの為に家のwifiを使ってインターネット接続をしてはいたのですがこのケータイ一週間バッテリーがもつのを売りにしていたのに一日でバッテリーが無くなる程でおかしいなと思い何度かバッテリーを外してリセットしたりしていたのですが正常になりません。

 

破棄しようとしたスマホを滋賀県彦根市で買取

 

それでケータイを見ていると仕事中で全く使用していないにも関わらずスリープなしの状態になっていました。そして、wifiをoffにしているのにも関わらずg-mailが受信されたりしていましたので速攻で買ったキャリアのケータイショップに行き修理依頼しましたが、ショップでは修理受付が出来ないということでショップにて直接キャリアの修理受付に電話することになりました。(今、ショップは販売と契約のみしか受け付けないのですね)

 

iPhoneの画面がバキバキで滋賀県長浜市付近の修理店へ

 

キャリアから家にケータイ回収の為の箱が届き指定の処理を施してからケータイを届いた箱に入れ修理コーナーに送り返し修理を基板交換で対応してもらい返送されて来ました。これでバッテリーの消費と勝手にgmailが受信される恐怖から解放されることになりました。

ケータイが不具合になり修理に出した逸話

携帯電話(以下「ケータイ」)を使っていたころの話です。

巷ではケータイよりスマートフォン(以下「スマホ」)に機種変更をする人が多い中、私はまだまだ十分に使えるということでケータイを使い続けていました。

 

 

iPhoneのバッテリー交換を頼みに滋賀県彦根市の修理店へ

 

 

しかしながら、長年使っていると故障も多くなります。

充電も頻繁にしないとあっという間に電池が切れてしまいます。

ある時、ケータイのボタンの反応が良くないのと数字の上にある矢印のボタンにひびが入っていたので修理に出しました。

 

新しくiPhoneを買い買取してもらいに滋賀県彦根市のお店へ

 

あと、充電が弱くなっていたのも修理に出した理由でもあります。

修理期間に電話がないのは不便ということで代りの電話が「スマホ」でした。

お店としては「使い心地を試していただこう」という意味でのスマホを出したのだと思います。

 

 

バッテリーが充電できず滋賀県長浜市付近のiPhone修理店に

 

 

そして、お店からケータイの修理が終わりましたとの電話がありました。

やはり充電の際、蓄電が弱くなっていたので内部修理をしてもらったこと。

さらに、ボタンの交換もしてもらい、新品同様に生まれ変わりました。

そして、その当時のスマホデビューはなりませんでした。