スマホを一刻も早く修理してほしい

忙しい朝バタバタしていて、スマホで「今日の天気でも見ようかな」と少しひと段落しかかった時に嫌な予感がしました。

そう言えばスマホを見かけない!

テーブル?寝室かな?トイレかな?洗面所?…洗面所では洗濯機が音を立てて、「何か音が違う気がする…」真っ青になりました。パジャマのポケットに入れたまま、ネットに入れて洗濯してしまったことに気がつき、恐々洗濯機の蓋を開けパジャマの入ったネットを持ち上げると嫌な重さの硬いものが触れ、私のスマホが入って水没している事が判明しました。電源を付けてみましたが真っ暗な状態。私の携帯は防水はされていないタイプなもので、泣きそうになりました。タオルで拭きながら日向に持って行き、ネットで水没で故障した場合の対処法を調べたりしました。彦根市にあるiPhone画面修理のところに聞いたら、電源は入れてはいけない、とのことでますます不安になり、とりあえず修理を依頼しないと、と次の段階に入りました。金額のことも気になり、娘のiPhoneを買い取ってもらった彦根市の知り合いが出したことがあって直ったことがあるというお店を聞き、直っても直らなくても8000円位掛かると言われましたが神にもすがるような気持ちで掛けてみました。すぐに直ると思ったら休日も含まれる時で、乾かす時間もあるので2.3日掛かるとのこと。毎日祈りながら、不便な生活をしていましたが、復旧作業をしていろいろ試みてもらった結果、水没状態が悪く戻らないとの返事が返って来ました。スマホの修理を長浜市近郊でしているところに行こうか、自分の中では家で置いておく時間は極力少なく、手は尽くした状態だったのでラインが来た時に音が鳴らないとか、前のスマホはガラケーからスマホに変えた時に、0円携帯としてもらった様なものだったので気持ちを切り替えて新機種の防水スマホを買うことにしました。

スマホの画面、バッテリー修理!

iPhone7を使い続けて約2年半程経過した時に、iPhoneを誤って落としてしまい画面がバキバキになりました。また、その辺からバッテリーの持ちが悪くなり、ひどい日には半日で電池が切れてしまうようになりました。滋賀県で人気のiPhone画面修理店に行こうかと…20パーセントの充電があるのにも関わらず、電池が切れてしまいつかなくなってしまうということもしばしば発生していました。最初はAppleの公式の修理に出そうと思ったのですが、あまりに高いのと、一時的にiPhoneが手元からなくなってしまうとのことで断念しました。米原市付近のiPhoneデータ移行があるのも知っていた。正直、その間どうやって過ごせと言うんだと思いました。そのため、近所の非正規の修理屋に持っていきました。そこはというと、数千円でしかも2時間程度で、バッテリーも画面も新品にしてくれました。その後の使用感にも一切問題なく、現在に至っても使えています。滋賀県でiPhoneのバッテリーを見てもらうことも。少し気になることとすると、キャリアの下取りに出しにくいというのと、ロックを解除してiPhoneを渡すため、データが抜かれていないか、余計なことをされていないのかはかなり不安になりました。ですが、数千円でそのご全く問題のないことから、結果的には良かったのかなと思っています。

スマホの液晶面が浮いてきてしまったので修理してもらいました

なんとなく違和感を感じてはいたのですが、ある日スマホをよく見たら真ん中辺りが膨らんでいる事に気が付きました。机に乗せて恥をつついてみたらカタカタ動く感じまで膨らんでいました。ですが、その時はお金が無かったのでそのまま放置して使い続けました。

 

長浜市から行けるiPhoneバッテリー交換

 

その結果ですが、徐々に膨らみが増してきてしまい、突然画面の端っこが本体から外れてしまいました。内部からの圧力に耐えられなかったようです。ここまできてしまってはそのまま使用するわけにもいかずに、何とかお金を工面して修理店で修理してもらいました。

 

米原市近くでスマホ買取のお店

 

幸い液晶面は何ともなかったのですが、内部からの圧力で壊れてしまう事も多いらしいです。ガラスが割れたりする事もあるので、多少でもスマホが膨らみ始めたらすぐにでも修理に持ってきて下さいと言われました。

 

長浜市から行ったiPhone修理店

 

肝心の修理ですが、膨らんだバッテリーの交換だけで終わりました。内部もダメージを受ける事はありませんでしたし、画面が外れた事でフレームも曲がらずに済んだようです。全てが偶然良い方向に行っただけですが、案外大事にならなくて良かったです。バッテリー交換でバッテリーの持ちもかなり良くなりましたし、結果的に修理して良かったです。

トイレにスマホを落として故障しました

子供のトイレの介助の際に、ポケットに入れていたスマホ(iPhone)をうっかりトイレに落としてしまいました。

慌ててトイレの底から拾い上げた時は、まだ画面は明るく文字も判別できており、筋が画面に何本か入っていただけでした。

 

滋賀県東近江市の近くでiPhoneの画面修理

 

ですが落とした場所はトイレということもあり、パニック状態で慌てて手洗い器でスマホを洗ってしまい。。そこから画面が暗くなったり、ついたりを繰り返すようになりました。

どうやら充電器を指し込む所から水が入ったようで、スマホを傾ける角度によって画面の線の入り方が変わってきます。

ネットで色々と調べ、ドライヤーで乾かしたり乾燥機の風をあててみたり、パックにシリカゲルとともに入れて一日おいてみたりしましたが、電源が落ちたら復旧できない恐怖には打ち勝てず、携帯キャリアのショップで泣く泣く機種変更しました。

 

スマホの買取をしてもらった滋賀県彦根市

 

待ち時間の間に、せめて写真だけでも救いたいと思いパソコンにケーブルでデータを移動させる時も、画面はどんどんブラウン管テレビの様になり、全ての写真を移動させたころにはほぼ真っ暗となってしまいました。

とりあえず新しいスマホも購入でき、電話帳もなんとか移動できてホッとした数日後、なんとブラックアウトしていた携帯の電源を入れたところ、見事に復活を遂げました。

どうも中に入っていた水分が揮発し、復帰できたようです。

 

滋賀県東近江市付近のiPhoneの画面割れ修理

 

画面もほぼ元どおりで、上部にやけに明るい部分があるくらいで操作も問題ありません。

機種変更を早まったねと、主人には笑われました。

元のスマホはネットを繋げば動画も見れるので、今は子供のおもちゃとなっています。

スマホが故障して困った

私のスマホは、購入してから一年半くらい使ってます。そのため、充電の減りが早かったり、少しずつ色々な悪症状が出てきていました。

iPhoneの画面バキバキになったので彦根の修理店に持っていきました。

ある日、一晩中充電していたのに、ほとんど充電が貯まりませんでした。充電器がおかしいのかな。それとも線がおかしいのかなと思って、持っている充電器を色々試しましたが、症状が変わらず、とても困ったので、ケータイショップに行きました。店員さんには、機種変更を進められましたが、今、出ているスマホの機種に欲しいものがなかったので、修理をしてもらうことにしました。私は、携帯の保険に入っていたので、五千円でしたが、その場で自分のスマホを店員さんに渡さず、データを移すために自宅へ持ち帰り、数日間スマホを二台もっていたので、八千円でした。

いらなくなったスマホを彦根にあるお店で換金しました。

ケータイショップに行って、修理の手続きをしてから、スマホの故障が短時間ですすみ、最後には電源が入らなくなったので、良いタイミングでケータイショップに行ったとつくづく思いました。なんとか全部データを移して、スマホを初期化して、送りました。

iPhoneが壊れたので彦根駅近くのお店で即日修理してもらいました。

私は、自分が送ったスマホが部品交換して戻ってくると思ってましたが、違かったので驚いています。

気づいたらバッテリーの劣化。スマホ修理へ。

うすうす前から気づいてはいたが、充電が一日持たなくなってきた。朝から満タンにして用意満タンで出発しても夕方には10パーセントを切っているのだ。

 

釣りに行ってiPhoneが水没し滋賀県長浜市近郊の修理店に

 

これはどうしてなのだろう。バッテリーというものは年々劣化していくものらしい。これを直すため。つまり充電の持ちをよくするためには携帯を買い替えるか、中のバッテリーを変えるしかないのだ。私は費用面から考えてバッテリーの交換をこの時は選択した。

 

iPhoneXを高価買取している滋賀県のお店

 

スマホを買い替えるチャンスであったともとらえることは出来るが、私にそんな金銭的余裕はなかった。そうして、正規店舗ではなく、非正規の安い修理屋へとスマホを持って行った。するとお客さんも誰もいなく静まり返っていた店内。

 

iPhoneの通話不良で滋賀県彦根市の修理店へ

 

恐る恐るバッテリー交換をお願いした記憶がある。私は即答でお願いした。そして、私のバッテリーはよみがえった。昔のように強いスマホへと。

ケータイを子供に壊され故障した話

子供がまだ小さかったころ、ケータイを子供に壊され故障したことがありました。親が使用しているケータイを使いたがっていた子供は、私のケータイを使って遊んでいました。

前に動かなくなったiPhoneを彦根市で修理した。

私もケータイを見る時間が長かったので、ある日子供は自分をかまってくれない母親である私に怒って、私が使っていたケータイに噛みついてきました。

新しいiPhoneの買取を彦根市で依頼して高価買取してもらった。

私が気づいた時にはケータイに噛んだ後がくっきり残り、ケータイは画面が見えなくなってしまいました。修理をしにいこうと、携帯ショップに行き、事情を説明すると、一時的に替えのケータイを貸してくれて、修理に出してくれました。しかし、残念ながら画面を元に戻すことはできず同じ機種の別のケータイを携帯ショップの人は用意してくれました。

滋賀県近江八幡付近のiPhone修理専門店で修理して頂いた。

そして、新しいケータイで新たに電話やメールなどのデーターを入れて使いました。子供にはそのあとよく言っておいたので、もう噛むことはありませんでした。しかし、その後も子供にケータイを壊されました。

ケータイの異常バッテリー消費の修理

私の使っているケータイは、ガラホと呼ばれるタイプのもので一応アンドロイド5.0をOSとするものです。その為LINEやスマートフォン用のインターネットサイトを閲覧できるものなのですが普段はデータ通信契約をせずに本当に電話とショートメールに特化した使用をしていました。

 

突然電源が落ち滋賀県米原市付近のiPhone修理店に

 

一応アプリのダウンロードの為に家のwifiを使ってインターネット接続をしてはいたのですがこのケータイ一週間バッテリーがもつのを売りにしていたのに一日でバッテリーが無くなる程でおかしいなと思い何度かバッテリーを外してリセットしたりしていたのですが正常になりません。

 

破棄しようとしたスマホを滋賀県彦根市で買取

 

それでケータイを見ていると仕事中で全く使用していないにも関わらずスリープなしの状態になっていました。そして、wifiをoffにしているのにも関わらずg-mailが受信されたりしていましたので速攻で買ったキャリアのケータイショップに行き修理依頼しましたが、ショップでは修理受付が出来ないということでショップにて直接キャリアの修理受付に電話することになりました。(今、ショップは販売と契約のみしか受け付けないのですね)

 

iPhoneの画面がバキバキで滋賀県長浜市付近の修理店へ

 

キャリアから家にケータイ回収の為の箱が届き指定の処理を施してからケータイを届いた箱に入れ修理コーナーに送り返し修理を基板交換で対応してもらい返送されて来ました。これでバッテリーの消費と勝手にgmailが受信される恐怖から解放されることになりました。

ケータイが不具合になり修理に出した逸話

携帯電話(以下「ケータイ」)を使っていたころの話です。

巷ではケータイよりスマートフォン(以下「スマホ」)に機種変更をする人が多い中、私はまだまだ十分に使えるということでケータイを使い続けていました。

 

 

iPhoneのバッテリー交換を頼みに滋賀県彦根市の修理店へ

 

 

しかしながら、長年使っていると故障も多くなります。

充電も頻繁にしないとあっという間に電池が切れてしまいます。

ある時、ケータイのボタンの反応が良くないのと数字の上にある矢印のボタンにひびが入っていたので修理に出しました。

 

新しくiPhoneを買い買取してもらいに滋賀県彦根市のお店へ

 

あと、充電が弱くなっていたのも修理に出した理由でもあります。

修理期間に電話がないのは不便ということで代りの電話が「スマホ」でした。

お店としては「使い心地を試していただこう」という意味でのスマホを出したのだと思います。

 

 

バッテリーが充電できず滋賀県長浜市付近のiPhone修理店に

 

 

そして、お店からケータイの修理が終わりましたとの電話がありました。

やはり充電の際、蓄電が弱くなっていたので内部修理をしてもらったこと。

さらに、ボタンの交換もしてもらい、新品同様に生まれ変わりました。

そして、その当時のスマホデビューはなりませんでした。